箱根彫刻の森美術館 アクセス、料金、割引、所要時間

≪箱根彫刻の森美術館 概要と見どころ、所要時間≫

箱根彫刻の森美術館は、国内初の野外美術館として箱根の豊かな自然を生かして設計された美術館で、大自然の中で芸術に触れ合うことができる点が特徴です。
彫刻の森美術館の常設展示の場所は7万平方メートルの庭園となっており、館内では展示しにくいものを展示しています。
彫刻の一部は、間近で見ることができるようになっており、作家の感性を間近で感じることができ、また、プレイスポットやプレイカルチャーなど実際に触れることができる芸術品も多くあります。子供も直に触ったり登ったりして芸術作品に触れることができるので、楽しみながら芸術を感じ取ることができます。

見どころとしては野外彫刻で、箱根の風景を利用して作られている芸術作品を始め、風景をバックにして作られている芸術品もあります。どれも大迫力となっているので、芸術品の凄みを感じられます。

そして野外美術館にばかり注目がいきますが、室内でも展示品を見ることができます。全部で5つの室内ギャラリーがあり、それぞれで特徴的な展示をしています。本館ギャラリーではヘンリー・ムーアとメダルド・ロッソを中心としたコレクション展を実施しており、緑陰ギャラリーでは20世紀の彫刻コレクション展をしています。野外彫刻と一緒に鑑賞すれ場合幅広い芸術作品を楽しむことができます。ピカソ館というものもあり、65歳以降に制作された陶芸作品を中心に展示しています。ピカソの陶芸作品を知っている人はあまりいないと思うので、ピカソの陶芸作品を鑑賞するという貴重な経験をすることができるのが魅力です。そしてマルチホールの彫刻の森研究所では、ディスプレイの前に立った自分をスクリーンに彫刻として表示するといった体験型の施設で彫刻についての理解を深めることができます。台座でポーズをとることで彫刻になった自分をスクリーンに出すことができたり、声を形にして映し出す装置があったりと、楽しみながら彫刻を学べる、子供も大人も楽しめる施設です。

館内の休憩所としては、2つのレストランと1つのカフェがあります。
洋食から和食まで旬のメニューがあり、それを食べて休憩することもできますし、お土産さんでオリジナルグッズなどを見て楽しむこともできます。

所要時間の目安としては、1~2時間ぐらいとなっています。


≪箱根彫刻の森美術館 料金≫

料金は一般1600円、大学生と高校生1200円、中学生と小学生800円となっています。

≪箱根彫刻の森美術館 営業時間、休館日≫

営業時間は9:00〜17:00となっており、年中無休で営業しています。

≪箱根彫刻の森美術館 割引≫

※それなりに入館料のかかる美術館ですが、毎週土曜日はファミリー優待日として、保護者1名につき中学生以下5名まで無料です。お子様連れの場合は、土曜に訪れるのがおすすめです。

公式サイトの割引券
公式ホームページに割引券があり、こちらをプリントアウトして持参すると、1枚につき1グループ、一人100円引きになります。リンクは下記の通りです。
http://www.hakone-oam.or.jp/corefiles/ticket.html

コンビニ前売り券
JTB企画により、セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップの電子端末で前売り券を購入できます。こちらも公式サイトの割引券と同様、一人100円引きになります。詳しくは下記リンク先のホームページをご確認ください。
http://www.hakone-oam.or.jp/about/?id=14

箱根フリーパスによる優待割引
箱根登山鉄道や箱根登山バス(指定区間内)、ケーブルカーやロープウェイなど、8つの乗り物が乗り放題になる箱根フリーパスをお持ちの方は、大人200円、大学生以下は100円割引になります。お車ではなく公共交通機関で箱根に行かれる方は検討されるとよいでしょう。特に首都圏方面から小田急線、西武線、相鉄線を利用して行かれる方は、乗車駅から小田原までの往復も割引になる券を乗車駅で購入することができるので、確認されることをお勧めします

箱根フリーパスについて(小田急鉄道ホームページ)
https://www.odakyu.jp/ticket/couponpass/hakone/

≪アクセス≫

電車の場合は、小田原駅から彫刻の森駅で下車して徒歩2分となっています。
バスであれば、箱根湯本駅から伊豆箱根バス「ニノ平入り口」下車で徒歩5分です。